post by hygjgyjd58ds | 0 comment

お腹の毛をキレイに脱毛する方法

自己処理が一番簡単なお腹の毛

お腹は、中に内臓などの大事な器官があるため皮膚が厚いです。
なので自己処理が失敗しにくく、多少剃り忘れても普段は気になりにくい場所なので熱心に深剃りする必要はありません。
それにお腹の毛が濃く感じるのは脚の毛や腋毛みたいに毛一本が太く濃い訳ではなく、薄くて細い毛が沢山ぎっしり生えていることが遠くから見たら濃く見えるだけです。
ですので、剃刀やシェーバーで軽くケアするだけで悪目立ちすることがなくなりますので脱毛が初めてな小学生のお子様でも簡単にできます。

それに、産毛の悩みの若年化は進んでおり、小学生でも女のお子様には特に気にしたりする子供が増えています。
小学生に脱毛ケアなど早い!と思っていても、プールの授業や身体検査などで目に付く機会が大人よりも多くいじめの原因などにもなることがあります。
それに今は小学生モデルや子役だけでなく、脱毛サロンに通う子供たちが増えている時代です。
脱毛サロンでは子供用の肌に優しいシェーバーなどが使われており、安心してケアできます。
下手にガムテープで剥がしたり、ハサミで髪を切る感覚で切ったり、指で挟んで抜くことはほぼまったく効果もありませんし肌にも悪い刺激を与えますからNGです。

正しい産毛の処理の方法

殆どの方が産毛処理と聞くと「剃る」や「抜く」とお答えしますが、他にもお腹の毛に合ったケアをご紹介します。
剃る・・・一番お手軽な方法です。クリームを塗って根元から毛先に向かって力を入れずに剃れば剃り残しがあったり、チクチクすることは殆どありません。
しかし、毛根を残している状態ですのですぐに毛が生えてきます。
たった一日だけプール、海に行く時に気になる程度なら大丈夫です。
抜く・・・応急処置としてできる、ピンセットと時間と個室等、お腹を出しても恥ずかしくない場所があればどこでもできる方法ですが、お腹の毛は量が多いので時間が大量に掛かりますし、毛根にダメージが掛かりますのであまりお勧めできません。
脱色クリーム・・・金髪みたいになりますが脱色剤の刺激がダメな方はおやめください。
パッチテストがクリアできたら大丈夫ですが漂白剤に近い薬品なのであまり良い物ではありません。
脱毛クリーム・・・脱色より安全な成分でできていると言われています。
しかし、すぐに毛が生えてきます。
サロン・・・専門家が脱毛してくれるので安全で確実な方法です。
コストは上記の自己ケアより高くなりますが最近は価格が段々安くなってます。
不安な方にはお勧めです。
自分に合ったケア方法でお腹の産毛ともお別れできること間違いなしです。

自己処理に関するページ

アンダーヘアの自己処理⇒アンダーヘア脱毛
参考:アンダーヘア脱毛ガイド|自宅でセルフ脱毛処理はできる?

ワキの自己処理⇒ワキ脱毛
参考:女性の美学